スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2014年12月13日

庄内藩と山形県

学校の勉強で「交流学習」を盛んにやった時期がありました。
直接会うことのできない遠い県にある学校と,テレビ会議などをやるんです。

「山形県って,どういう県ですか?」
「山形県には,どういう名物がありますか?」

と質問されるたびに,居心地のわるい思いをしました。

お米は山形どこでも作っているし,本県の大穀倉地帯は庄内地方。
東北各県,北海道も,それぞれブランドを持っているし。

米沢牛は,山形県というより米沢。山形市より有名と言われる米沢市。

将棋の駒は天童でしょう。さくらんぼだって,東根・天童。
スイカと言えば尾花沢。砂丘メロンも庄内だし。

「山形県って、何?」が,自分の研究課題でした。  続きを読む


Posted by びす太 at 11:47Comments(2)歴史

2014年08月15日

庄内映画村資料館

8月13日の羽黒ぶらり旅。続き。

松ヶ岡開墾場の五番蚕室にある,庄内映画村資料館



おくりびと』を思い出しながら訪問。  続きを読む


Posted by びす太 at 09:43Comments(0)歴史ぶらり旅

2014年08月14日

ここも奥の細道

羽黒山本殿の鳥居をくぐる前に,松尾芭蕉の像と歌碑がある。



芭蕉は,尾花沢10泊,大石田3泊のあと,羽黒山にも詣でた。  続きを読む


Posted by びす太 at 13:02Comments(0)歴史ぶらり旅

2014年08月14日

出羽(いでは)神社,山中

きのうの朝8時半。随神門から下って200m。
赤い橋が表れる。神橋(しんきょう)。



滝の名前は,須賀の滝。(すがのたき)川は,祓川(はらいがわ)。
神橋は,俗世と山上を分ける境界であるという。  続きを読む


Posted by びす太 at 06:56Comments(0)歴史ぶらり旅

2014年08月13日

羽黒へ

羽黒出羽(いでは)神社に行きました。歩いて登りました。
随神門を通り,須賀の滝や爺杉(じじすぎ)を見て,国宝の五重塔。



二ノ坂あたりでへこたれて戻りました。

その後,車で上がり,ご本殿や蜂子神社にお参りしました。
心に残る日となりました。  
タグ :出羽神社


Posted by びす太 at 20:22Comments(6)歴史ぶらり旅

2014年08月13日

ウェディングケーキ

初めてのデートが羽黒山だった…という方がいらして。
おめでたいとてもハッピーな宴にお招きいただき。
その後、お子さんを授かられたとのこと。

写真は,出羽神社を模したウェディングケーキ。


  続きを読む
タグ :羽黒山


Posted by びす太 at 05:20Comments(3)歴史

2014年08月11日

羽黒に行くぞ

山形の歴史をめぐる小旅行。今年めざすのは羽黒山。
本屋に「文藝春秋」を買いに行ったら,となりにならんでいたこの本。
何かの縁かな。



ワインの方は,ソーリーさんのお導きです。夕食で飲みます。
  続きを読む


Posted by びす太 at 16:23Comments(5)歴史

2014年03月25日

くくり切れない

今日は「うなされました」の記事が何故かアクセスカウンターをずいぶんと回してくれたので,別の話題をちょっと…。

山形県の旧国名と言えば「羽前(うぜん)」だと思っていた。地図帳にも出ていたしJRの駅名にも「JR羽前小松駅」のように,他の小松駅と区別するために「羽前」が使われている。
ところが,「羽前の国」「羽後の国」が成立したのは,戊申の戦い,東北戦争の後,明治元年のことらしい。
(Wikipedia「羽前国」「羽後国」)
羽前国は,飽海郡と酒田市北部を除いた現在の山形県の大部分にあたる。)

出羽国の始まりは、708年(和銅元年)に越後国に設置された出羽郡。
平安時代までは「いでは」と呼ばれていたらしい。
ちなみに,和銅3年が平城京遷都,奈良時代のはじまり。



  続きを読む
タグ :歴史東北


Posted by びす太 at 18:07Comments(2)歴史

2014年03月24日

定家コード


『ダヴィンチ・コード』をまねて『定家コード』。
広く知られた百人一首。
規則に従い10×10にならべると見えてくるものがある。

そのため、必ずしも秀歌とは言えないものも選ばれているそうだ。

  続きを読む


Posted by びす太 at 05:25Comments(0)歴史