2015年02月28日

狭いコートでやるんだ

体育で,バスケットボールに取り組んでいます。


わたくし,20代の頃,ミニバスケットのスポ少でコーチをしていたことがあるんです。
自分でもすっかり忘れていることですが。(^_^;)

バスケの指導者講習にも出ました。教員人生の中でずっと生きることを学び取りました。
「日本人はボールを持ったらすぐパスをする。ドリブルでゴールに向かう気構えが大事」とか。
「選手が,できなかったことができるようになったら,躍り上がって喜べ」とか。(*^_^*)

わたし自身は,バスケットボールの競技経験がありません。

中学校でバスケ部の顧問をしていた父が,教員になりたての私に,こう教えてくれました。

「いいか。バスケの授業を始める前に,バスケというスポーツについて教えるんだ。
『バスケは,せまいコートの中で,一人一人が激しく動くスポーツだ。』
『だから,仲間や対戦相手にけがをさせないように気をつけることが大事だ。』

 このことを教えてから,バスケをさせろ。」

わたくしは,30年近く,父のその教えを守ってきました。
学校でバスケットボールの指導を始める前に,父の顔を思い出しながら語ってきました。

今年もその話をしました。
サッカーやバスケなど,選手が入り乱れる種目を教えるときはいつもハラハラします。
きのうのバスケの授業では,泣いたり痛がったりする子がいないだけでなく,
みんながすっきりした顔で1時間を終えることができました。

体育のバスケットボール指導は,父に感謝する機会でもあります。

同じカテゴリー(指導)の記事画像
思いをはせる
アルペン
もう成功したんだ
スキー開始
間違いますよ
普通言うよね
同じカテゴリー(指導)の記事
 思いをはせる (2015-02-24 20:06)
 アルペン (2015-02-18 07:19)
 もう成功したんだ (2015-02-15 22:48)
 スキー開始 (2015-01-13 21:21)
 間違いますよ (2015-01-08 20:23)
 普通言うよね (2014-09-04 22:10)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。