2015年03月15日

見る人によって違う

太陽表面のコロナのように,熱く燃えさかっているこの頃。
平成26年度のしめくくりにむけて熱投が続く,最終回ワンアウト。
テーマは「卒業」。Graduation。歌とか送る言葉とか。

それでも授業やっています。けっこうがっちりやっています。


人によって,見え方が違うのです。

こうだったり。


こうだったり。

まだまだ,たくさんあります。多様な見え方。見方。

今回確かめておきたかったのは,「移動して考えてよい」ということ。
以下のように動かせば,1つのかけ算で考えられます。


ところが,算数。奥深い。

同じ「9×2」でも,こういう見え方があったり。



子どもたちに語りました。

「今日教えたのは,●の数え方ではありません。
 同じものを見ていても,同じく見えるとは限らない。
 見え方は人によって違うということです。
 真実はいつも一つじゃない。真実は,見る人によって違うのです。
 これは,人間関係についても言えることですね。
 今日はけんかを2つ,仲裁しましたよ。(^_^)
 わたしが教えたのは,『あなたはこう思ったけどあの子はこう思った』という見方の違い。
 同じ出来事でも,違う感じ方をしたことに,気づいてもらったんです。
 算数の授業でも,それに気づいてもらいました。
 見方は,人によって違う。覚えておいてください。」


春よりもずっと大人になった子どもたちが,うなずきながら聞いてくれました。

同じカテゴリー(授業メモ)の記事画像
道徳の授業で
何と呼ぶでしょうか
一寸法師
バッティングって楽しいよ
正方形はいくつ?
社会科見学
同じカテゴリー(授業メモ)の記事
 道徳の授業で (2015-01-28 21:49)
 何と呼ぶでしょうか (2015-01-14 20:03)
 一寸法師 (2014-12-22 20:12)
 バッティングって楽しいよ (2014-12-11 20:52)
 正方形はいくつ? (2014-12-08 21:43)
 社会科見学 (2014-10-16 19:15)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。